寝れない時に試したい入眠のための4つの方法

眠い・寝れない!!そんなときに効く安眠情報【羊印】 > あたたまる > 寝れない時に試したい入眠のための4つの方法

寝れない時に試したい入眠のための4つの方法

  • おしりを温める
  • 眠れないときは「ホットミルク」
  • お風呂あがりのセルフケア

カンタンに試せる4つの方法

安眠羊

簡易に試せる「安眠」プチ方法を4つ紹介しよう。

方法1:お尻を暖める

ソファや座椅子に小さめの電気カーペットを置いて、お尻を暖める。お尻が冷えていると寝付きにくいように感じるのと、腰周りは身体の中心で内臓にも近いので、このあたりを暖めることで身体が眠りの準備に入りやすくなるような感じです。

安眠羊

「おしり」を温めるとじんわり身体全体があたたまるよね。女性は特に冷えやすいから、冷えが原因で寝付けないってこともあるよ!

方法2:睡眠導入剤を飲む

時々、医療機関で処方された睡眠導入剤も頼っています。睡眠薬とは違うので、身体に負担が少ないような気がします。薬局で購入する睡眠導入剤よりも安いです。

安眠羊

わりと力技に見えて、ご存知、入眠剤はデリケート。処方されたものは処方された以上に飲まないようにね。

方法3:軽くなにか食べる

お腹が空いた状態だと眠りにつきにくいです。なので寝る前にもし空腹を感じていたら、躊躇なくパンやサラダなどの軽食を食べるようにしています。女性としてはどうかと思いますが、「遠くのダイエットよりも目先の睡眠」を取ります。

安眠羊

身体を「ほっ」とさせて寝付きに近づく。小腹がすいたときにつまめるものがあったり、キッチンに立って軽く調理してもいいかも。

方法4:ホットミルクに砂糖など

やはりホットミルクは鉄板です。気分によってグラニュー糖や紅茶オレのスティックパウダーなどを混ぜて飲んでいます。

安眠羊

定番、ホットミルク。あたたかい飲み物をゴクリ。

眠れないスパイラルはできるだけ断ち切る!

もともと小さい頃から寝つきが悪かったので、何か気になっていることがあってもなくても寝るのに時間がかかります。イヤなことを思い出したり考え事があると、眠れない自分にイライラして余計に寝付けなくなります。

お風呂あがりのセルフケアで寝付きを促進

お風呂上がりにリフレクソロジーやヘッドマッサージをしてもらうと、眠りにつきやすいと思います。月に1度〜2度くらい、マッサージやリフレクソロジーに行っていますが、毎回トロンとして白目むきそうになります。それ以外はもう考えられないです。むしろ誰かがいると眠りの妨げになるので本当に放っておいて欲しいです。

寝れない時に試したい入眠のための4つの方法 関連ページ

眠れない時は入眠剤がおすすめ
眠れないときは「入眠剤」 「マイスリー」という極めて弱い入眠剤 安眠グッズ「竹枕」 入眠剤がおすすめ 私の場合は、病院で風邪でもひいたときに、医師にお願いして入眠剤をもらってきてストックさせておいてます。 「マイスリー」 […]